あるがままの自分で無ければ人には尽くせない

新年あけましておめでとうございます。

振り返れば昨年は、何かと儘(まま)ならぬ一年でありました。そんな思いを抱えつつ、年を越したところでふと「儘」という字が気になりました。

この「儘」という字はにんべんに「盡」。「盡」という漢字は「尽」の旧字体で、「人に尽くす」と書いて「儘」なのだそうです。

つまり思い通りにならなかった一年ではなく、人に尽くしきれなかった一年であったという事に気付かされたのでした。

また、「儘」とは和語の「まにま」「まにまに」。そのまま、あるがままの意。
儘ならぬとは、あるがままの自分ではない、とも取れます。

このふたつを合わせてみると、あるがままの自分で無ければ人には尽くせないと解釈できます。

そこではたと腑に落ち、これを新年の志とする事に致しました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ますます皆様が光溢れますように。

東京都多摩市 小野神社へ初詣
瀬織津姫の滝の両脇に2頭の虎が

Written by

MIYABE FILM OFFICE - Filmmaker / Photographer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA